川鵜対策として始めた早朝の釣り場解放でした。お陰様で、このところ、川鵜の飛来は見られなくなりました。
また、来月からは、終了時間が18時に延びます。早朝の解放と合わせますと、魚に対しては、かなりなプレッシャーになります。
川鵜が見られなくなったことと、魚の受けるプレッシャーを少なくする意味で、今月いっぱいで、早朝の釣り場解放は終了いたします。
ご協力、ありがとうございました。
再度、川鵜の飛来が見られるようになりましたら、早朝解放を再開したいと考えております。その節には、変わらぬご協力を、お願いいたします。
このところ、毎週放流を重ねております。このため、川鵜による被害で減った魚は、元に戻っております。
魚は増えましたので、放流は手控えたいところです。しかし、ありがたいことに、近頃、お客様の数は増える傾向です。このため、魚の受けるプレッシャーは強く、釣りは難しい状況であります。
今週は、儲けたいと希望しますが、釣れなくては話になりません。なので、今週も、土曜日に放流します。

この冬の釣り堀は、連日積もる雪と、飛来する川鵜によって、右往左往させられました。お陰で、2月中は、商売にならぬ状況でありました。
弱小の釣り堀ごときが空転したところで、皆様の生活には、なんら影響はもたらしません。
しかし、国会が予算通過もできずに空転する有様には、大いに首を傾げざるを得ないのであります。
国会が空転している原因は、森友問題です。
確か、今、国会で揉めている森友問題って、去年もやってましたよね。今年になって朝日新聞が、財務省の決裁文書改竄問題を取り沙汰したものだから、またぞろ、森友が再燃したところです。
馬鹿野党諸氏は、ここぞとばかりに、森友、森友、籠池、籠池です。
我が県選出のU子さんなどは、獄中の籠池氏に無理矢理に面会して、総理は嘘つきだと獄中の人物の言葉を、鵜呑みにして戻る始末です。
籠池さんって、確か、詐欺罪で捕まっているんですよね。詐欺罪って、嘘つきの罪でしょ。その嘘つきの言葉を、そのまま持ち帰って、偉そうにテレビで披露するってのも、馬鹿な振る舞いだと思うのです。

U子さんは、国会議員の先生ですぜ。一年に、秘書の給与や、交通費、雑費などを含めると、6700万円の税金を支給されておるのですよ。
年、6700万円の報酬は、1000人以上の社員を雇用する企業の社長の平均年収よりも、高い報酬です。
一流企業の社長でも、もらえない税金を支給されている先生であるのに、やる行動の馬鹿さ加減は、そこらにいる、煩せえおばちゃんと、まるで同じです。
U子さんは馬鹿かもしれません。しかし、政策秘書の給与を、毎年、2500万円も、認められている議員先生ですぜ。近所のおばちゃんとやる仕事が同じでは、話にならんでしょう。
馬鹿なら馬鹿なりに、頭のよい秘書を雇えばよい。頭のよい秘書に、我が国の国益に叶う問題提起を考えさせればいいのです。

我が国が、森友、森友、籠池、籠池と大騒ぎしている間、イギリスでは、ロシアの外交官を追放しました。イギリスの追放を受けて、アメリカ、欧州諸国でも、ロシアの外交官を追放する動きになっております。
また、アメリカは、鉄鋼・アルミニュウムに25%関税を掛けました。同盟国である我が国は、関税の例外には、なりませんでした。
加えて、トランプちゃんは、台湾と実質的に外交活動を再開する法案を成立させました。更に、知的財産権の問題でも、支那に喧嘩を売っております。
トランプちゃんがキンペーちゃんに喧嘩を売っている間に、エリンギ頭の首領さまは、ちゃっかりと支那と縒りを戻そうと、キンペーちゃんを電撃訪問しました。
という現象が、今月、立て続けに起こっているのです。
・ロシアの外交官の追放は、かつての冷戦時代を想起させます。ロシアとイギリスは、国交断絶の一歩手前の状況ですぜ。
また、支那とアメリカは、互いの国益を巡って、火花を散らしている状態です。しかし、支那の脅威は、アメリカよりも、我が国ほうが、切実な脅威であります。だから、支那との喧嘩には、積極的に関わらねばなりません。
この状態に拘わらず、我が国の国会は、森友、森友、籠池、籠池で空転しております。かなり難しい世界情勢に拘わらず、なにも、有効な手立てを決められぬ有様なのです。

マスコミは、憲法の改正、とりわけ、電波法の改正を進める安倍さんを引き摺り下ろしたくて仕方がないのであります。
言い掛かりだろうが屁理屈だろうが、安倍政権を下ろすためなら、なんでもござれなのであります。
マスゴミは、なんとしても安倍さんを下ろしたいのでしょう。だから、NHKを始め、どこの局も、政権は関与していないと財務省が何度も答弁しても、安倍憎しの偏向報道で、籠池氏への安倍夫人の関与を臭わせる報道ばかりします。
場末の釣堀家ごときは、問いたい。
安倍下ろしはいい。しかし、安倍さんの後は、誰が、総理をやるのだ。
越権民主党の枝野ですか? 自眠党の石破ですか? はたまた、絶望の党の玉金ですか?
このうちの誰が総理となっても、トランプちゃんは、遊んでくれますか? キンペーちゃんは、喧嘩をしてくれますか? プーチンポコは、一緒に風呂に入ってくれますか? 
遊んでくれるどころか、10分と口を利いてくれないだろうと予測できます。
釣堀家は、必ずしも、安倍さんの政策に賛成ではありません。しかし、安倍さん以外に、現在の外交と国防問題を任せられる政治家はおらぬだろうと、場末の釣堀家は思うのであります。