第二回、パスタイムフィッシングコンペティションが、再来週に迫ってまいりました。
で、大会次第をお知らせします。

参加人数が少のうございますので、今のところ、下の池で競技を行う予定です。人数が増えましたら、上の池に移行します。

優勝、準優勝、3位に入賞された方には、キラッキラのメダルを進呈いたします。また、5位入賞の方まで、パスタイムの3時間無料券を進呈します。(先回は、一日無料券でした。ですが、弱小の釣り堀です。3時間券でご勘弁下さい)
その他、参加賞と飛び賞の、豪華粗品を準備しております。

集合は、7時半までにお願いいたします。7時半から8時まで、ルール説明等の、ミーティングを行います。予選開始は、8時を予定しております。

予選は、概ね、10名単位で行います。最初に、組み分けの抽選を行い、前半組と、後半組に分かれていただきます。人数が多い場合は、もう一組増やして、3組とします。

予選開始前に、釣り座の抽選を行います。順位は、魚を釣った数で決定しますので、釣った魚の計数は、同じ釣り座に当たった後半組の方にお願いいたします。

予選の釣り時間は、20分とします。20分で、前半組と後半組が交代します。
前半組と後半組のそれぞれが、1回ずつ競技した後、釣り座の再抽選か、釣れない順に釣り座を選ぶ形式で、釣り座の交代を行います。釣り座の決定方法は、朝のミーティングで確定したいと考えております。
釣り座の交代をした後、再度、20分づつ、後半組の方から、予選を戦っていただきます。

各組の中で、魚を釣った数の、上位、5名さまが、決勝進出となります。釣った数が同数だった場合は、2匹の早掛け10分間勝負で、決勝進出者を決めさせていただきます。
また、予選組数が、後後組までの3組になった場合は、上位3名さままでが、決勝進出になります。この場合、敗者の中から、2匹の早掛け10分間勝負で、もう3名の決勝進出者を決めさせていただきます。

飛び賞がありますので、決勝戦の前に、敗者の順位決定戦を行います。
順位の決定戦は、予選で魚を釣った数の同数だった方同士で行います。勝負は、2匹の早掛け10分間とします。
尚、予選組数が3組となった場合は、順位決定戦は行いません。また、順位決定戦は、下の池を休ませる目的で、上の池で行います。

決勝戦は、20分ずつの、2回戦の勝負とします。予選と同じように20分を釣っていただき、釣り座の交代を行います。釣り座の決定方法も、予選と同じとします。
2回戦を戦っていただき、釣った数が同数の場合は、同数者同士で、2匹早掛け10分間勝負で順位の決定を行います。

飛び賞の順位は、上位の方による抽選で決めます。飛び賞に当たられた方には、豪華粗品をプレゼントします。

その他のルールは、以下の通りです。

1.個人の装備品。
安全面を確保するために、帽子等頭を保護する物、メガネもしくはサングラス等目を保護するもの。上記2点をご用意ください。
雨具、傘(審判時にあると便利です)、予備竿を立てておく器具(竿の横置きは安全面の点で非推奨)、ランディングネット(140cm以下、ネット部がラバー製の物で直径55cm以下のもの)各自ご用意ください。
ネットにつきましては、貸し出しもありますが、数に限りがあります。なるべく、ご自身でご用意下さい。

2.タックルについて
タックルの持ち込み数に制限はしません。但し、大会運営に差し障らない程度の本数に留めて下さい。
本大会は、ルアーフィッシングを対象とします。フライ、テンカラ、えさ釣りでの参加はできません。
使用できるルアーは、「スプーン」「プラグ」「スピナー」「バイブレーション」とします。競技で使用出来るルアーは、規定で定められた「サイズ内のもの、重量内のもの」を使用して下さい。規定のルアーは、下に示します。
ルアーのフックは、シングルバーブレスフックのみとします。プラグ類など複数のフックポイントがあるものは、それぞれに1フックとしますが、1ルアーにフックは、最大、2個までとします。
ライン結束部にフックをつける行為は禁止します。(フロントフックの禁止)。同一アイに2つのフック着用は禁止します。フックカラーは、銀色または黒色のみとします。
使用できるルアーかどうか判断がつかない場合は、当日、開会式中に主催者・参加選手をふまえて確認して下さい。
ルアーサイズ・重量の規定
・スプーンのサイズはブレード長18mm未満のものは禁止とする。
・プラグのサイズは、ボディ長20mm~70mm以内とする(メーカーが70mmをうたっている物であれば実寸が多少超えていても使用可能)
・バイブレーション系ルアーは2g未満のものを禁止とする
使用出来ないルアー
・スティック(折り目のないストレート形状もしくは非金属のもの)
・ワーム素材のもの
・シンカー
・フライ素材(羽、毛)によるもの
・その他著しく大会判定の公正さを欠くと判断されるもの

3.取り込みの判定
ネットインによる判定は、魚がネットのフレームを完全にくぐった段階で得点をカウントする。但し、ランディングネットに入りきらない大きな魚が掛かった場合、ランディングネットのフレームに当てた状態、または、フックタッチで得点とします。
スレ掛かりはカウントしません。但し、フックがエラより前に掛かっている場合は、得点とします。
ランディング前に魚が地面に着いた場合は、得点は無効となります。
終了コール前に掛かっている魚であれば、取り込みに成功すれば得点となります。
水上をすべらしての魚のランディング行為は禁止。
ラバーネット上での故意のコロガシによる針はずしの禁止。
審判のカウント前(確認の発声前)のネットからのリリースの禁止。
終了集計時は、選手と計数係の方は、必ず、釣った数の確認をして下さい。

追伸
秋に恒例の、「赤マス釣った方に、赤ワインのプレゼント」を、今秋も行います。
期日は、11月24日と25日です。
上記期間に、赤マスを釣られたお客様、先着、10名さまに、赤ワインをプレゼントします。10名さまを過ぎましても、豪華粗品を用意しております。とは申せ、豪華粗品にも限りがございます。お早めに、おいで下さいませ。
尚、赤ワイン、豪華粗品とも、お一人さま一日、一つ限りとさせていただきます。